大倉山の家・現場レポート

建築士34歳の自邸・家造り奮闘記
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

引き渡し


2Fキッチン間接照明がきれいです。

リビング・脚立はご容赦を。

1Fウォークインクローゼットは他と違って黒です。


年末30日、いくつか工事は残りましたが大きなトラブルもなく無事引き渡しとなりました。
とはいえ、それほど大きな儀式もなく、鍵をもらって、大工さんとひとしきり内部を廻ってみました。大工さんのお子さん達が一緒に遊びに来てくれて「なんかおもしろい家〜」と走り回ってました・笑。子供達の何気ないそんな一言がなんだか設計者としてうれしく感じました。お父さんの大工の仕事良く見ておくんだよ〜。

夕方に見たので照明の雰囲気も確認できました。
正月中に自分で木部オイル塗装するので大きな脚立を大工さんにお借りしました。

ここまでわがままも聞いていただいた大工さんをはじめ多くの職人さん達、本当にありがとうございました。
今年はこれにて終了。あとちょっとだけ残った工事をレポートします!
ではよいおとしを〜
現場 | permalink | - | -

塗装完了!


塗装工事完了です!

バルコニーの目隠し格子は脱着式

木製のキッチンもできてきました。


塗装工事が完了しました。
あとは細かな部分の家具の作成です。
年明け早々の引っ越しまでに外構工事と一部の建具工事が残りましたが
その状態でも暮らせるのでまずは一安心です。

バルコニーの目隠し格子は視線と日差しを調整できるように脱着式としました。
いくつかのピースに分けて作成していただきました。
キッチンもできてきました。
- | permalink | - | -

塗装・最終仕上げ


塗装のパテ下地を行っています。

エアコンを隠す格子です。

現場は佳境。たくさんの職人さんがいらしてくださってます。

現場は最後の仕上げで大わらわ

現場は最終仕上げで大わらわです。
とはいえ大工工事自体がほぼ完了したので完成がかなり近づきました。
内部は塗装屋さんが下地のパテを塗っています。
大工さんはバルコニーのデッキや格子などを作っています。

たくさんの職人

最後の仕上げ、役所の検査の間近とあって、現場は大工さん、内装屋さん、電気屋さん、水道屋さん・・・・?いったい何人いるんだろう・・・こんなに小さな家ですが、いっぱいの職人さんに作っていただいているのは本当にありがたい限りです。写真は休憩中、みんなでひとときお茶でお休みです。
あと少しよろしく御願いします!
現場 | permalink | - | -

外装ができ、足場が外れました。


外装が完成しました。


内部棚もほぼ完成。あとは塗装です。

外装が完成し、足場が外れました。足場がはずれると全体像がはっきりしました。
木の陰影がよい雰囲気を出していました。

また内部の棚もほぼ完成。一部は残っていますが、内壁の塗装に取りかかります。

現場 | permalink | - | -

内装大工工事佳境



大工工事が佳境を迎え、木の仕上げにさしかかっています。

外部バルコニーの手摺下地もできました。今週末には出来ているはず。

現場大工工事は木の仕上げとなる佳境を迎えています。
来週中には内装工事が完了する予定です。

大工さんも6人体制で頑張っていただいています。
年内完成、年明け引っ越しというスケジュール、大変ですがよろしく御願いします。

完成するのが少し寂しい

妻と現場に向かう途中でふと「完成するのなんか寂しいねえ。」と。
ずっと建設中だったら楽しいのにという気持ちは設計・工事も似たところがありますがクライアント様もきっと同じ気持ちなんだろうなと実感した言葉でした。でも完成が終わりでなく始まり。工務店さんや設計者は現場こそ来なくなりますが何かあればいつでも駆けつけるクライアント様のサポーターだと考えて貰えればきっと寂しくはないはずです。いつでもかけつけますよ〜と、この家に関しては自分がいつもいる家ですが・笑。
現場 | permalink | - | -